Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tarokoumemama.blog94.fc2.com/tb.php/905-59cad329

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

たろさんのMRI検査結果と顔面麻痺の記録。

タロさんの顔面麻痺→MRI検査と現状の記録。

■11月8日(金)の婚式後の翌日からのタロさんの嘔吐下痢&血便。
タロさん犬生初めての食欲ナシという体調不良から始まり・・
かかりつけの病院でエコー・血液検査などをしてもらうも
特に異常ナシ。原因がわからず
かかりつけの先生曰く、精神的なモノからではないか・・との事(涙
下痢を止めるお薬を処方してもらい、下痢はおさまり、食欲も戻り
良くなったものの、治るまでに結局約1週間かかった。

kako-iDdg6NgeWKW1txru[1]

■良かった・・と安心したその1週間後の11/24(日)。
・・この日は、大事な用事があったので、のりくんの実家@熊本へ。

kako-ElbcmjgzdvxqLbTG[1]
連れて行ってもほぼ車でお留守番になるであろう状況だったので
この日は、タロさん&うめ子は、お家でお留守番。
のりくんと2人でタロさんとうめ子の朝散歩をたっぷり~と済ませ
家を11時頃に出発・・・→タロさんたちが待ってたので
用事が終わったあとはトンボ返り。帰ってきたのは、20時頃。

で。↑この朝の散歩の時からタロさんの右目の涙目と、右の口のたるみに気付いた私。
本当に毎日一緒にいる飼い主しか気づかないであろう・・ちょっとした変化だった。
そして、なんとなく気になりながらも、とりあえず1日様子をみてみる事に。

kako-4ASoJzRKmJbEA6zH[1]
熊本(のりくん実家)から帰ってきてもやっぱりまだ症状が変わってなくて
常に涙がこぼれそうで、右側だけ口の感覚がないのか
常に右ヨダレや水がタラタラな・・・タロさん。
右目だけマバタキしないし、触ろうとしただけで白目をむく。
う-ん・・やっぱりおかしい。

■翌日11/25(月)。変わらないタロさんの症状がやっぱり気になって
仕事から帰ってすぐ、かかりつけのM病院へ。

私の信頼しているかかりつけのM先生。
うめ子もタロさんもこの病院&スタッフさんが大好き。
うめ子にしても、タロさんにしても何かあって連れていくと
たいがいいつも「大丈夫ですよ~心配しすぎですねぇ~(笑」と先生に言われる事が多く
実際に今までも治ってきたし、うめ子のカイカイもここ何年も出てない。
大げさで心配症な私は恥ずかしいけど、その言葉にホッとし、今まで救われてきた。

今回も涙目と少し口元が気になるくらいだったから
先生に↑のように言われるかと思いつつ、先生にタロさんを見せ診察してもらうと
いつもとは違い「う-ん・・前回の下痢もあるし、もしかしたらこの症状は・・
脳とか神経かからきてるかもしれないのでMRI検査をした方がいいかもしれないですね・・」とのコト。
(↑悪い事を考えて、一気に落ち込んで思わず病院で泣きそうになってしまった私・・)

そして、福岡でも唯一MRI検査ができるM先生も信頼しているという
家から車で40分くらいのU病院を紹介してもらい
いろいろ悩むところはあったけど(実際、当日ギリギリまで全身麻酔について悩んでいた)
でも、検査するなら早い方がいいと思い・・11/27(水)の10時に予約してもらった。

それから中1日・・仕事をしてても気分が落ち着かず・・
かかりつけの先生の紹介で、唯一福岡市内でMRIのある病院だとしても
初めての病院での全身麻酔は、タロさんも私もなんとなくコワイな・・とか
とにかく不安で、タロさんの事ばかりを考えてた・・

■11/27(水)、MRI検査の日。
タロさん朝食抜き&9時以降は水分NG。
ついでにうめ子も道連れの朝食抜き(笑←うめ子には、タロさんの検査中にあげました。
前日にある程度仕事を片付けておいて、この日、仕事はお休みをもらったので(もちろん、うちの犬が・・とは言えず・・)
朝9時に、タロさん&うめ子を車に乗せてU病院へ向かいました

kako-2xEzkORP0iDE7anc[1]
Zoom
kako-hhx0FdmINROnIjrU[1]
写真じゃわかりにくい&タロさんは元々イジケ顔なので余計にわかりにくいかもだけど
右側(向かって左側)の目は常に涙目。時に大粒の涙を流すことも・・
の口元は常にダラ~んとしてて、常にヨダレがず-っと垂れてくる・・そんな状態。

病院に向かっている途中も・・運転しながら何度もタロさんに
「大丈夫だからね。ちゃんと待ってるからね。」と話しかける私。

タロさん&うめ子からしたら「おかぁちゃん、朝ごはんもくれんし
今からどこ連れて行くんやろか~」と思ってただろうけど・・

そして、車で走ること約40分。
病院に着いて、診察後、全身麻酔のリスクについての説明を受けた時
やっぱりまた不安になって、MRI検査に必要だとはいえ・・
やっぱり9歳のシニアに全身麻酔はちょっと・・と怖くなって・・
ここまできたものの・・この検査自体も、飼い主の勝手な判断で
タロさんにとっては逆に、またこれがストレスになってしまうんやないやろぅか・・とか
10分くらい1人で悩んでしまい、不安になり、のりくんにも電話。

・・・・

大丈夫、大丈夫と自分にもタロさんにも言い聞かせ
診察&説明を受けて、それからタロさんは麻酔→MRI検査へ・・

お迎えは13時頃だったので
不安な思いを抱えながらも・・うめ子もいるし、信じて待つのみ。

なので、タロさんのMRI検査の間は・・
近くのホームセンタ―でペット専用カートにうめ子を乗せて
一緒に日用品の買い物をしたり、うめ子と海沿いをドライブしたり

kako-hmZexyctW6kpucvu[1]

公園でお散歩したり・・・と、うめ子孝行。

kako-vYJnvHUmCrl0GngO[1]
kako-Ua6kaPAdtgaPgQNO[1]
kako-M4KZFGbECzPlC7hN[1]

タロさんを病院に預けて、一時的に病院を離れた時
「タロさんはどこ行ったの~?」とでも言っているのか・・

kako-QUO0lDBDzXh8FRsz[1]
珍しく、クゥンクゥン泣いていたうめ子。

私もMRI検査を待ってる間、頭の中は、タロさんの事ばかり・・
心細かったけど、タロさんを連れて帰るときに少しでも安心して休めるように
車の中にタロさんスペースを作ったりしながら
「た-くん迎え行こうね。」と、何度もうめ子に話しかけてた。

のりくんも、タロさんの心配はもちろんのこと
私が1人でヘコタレているんじゃないかと、心配して何度も電話してきてくれた。

・・・そして、13時過ぎにタロさんを迎えに病院へ

kako-ImwGzpC55H3IgSjJ[1]

結果としては、今のところ脳には異常なし。

kako-L08yxNHF0hziWz9d[1]

ただ、何かの前兆かもしれないし
神経系の異常の可能性もない事はないので
脳の脊髄液を取り脳脊液を外注検査に出すということで
その結果は2週間後に出るとのこと・・

kako-TEbQOwpFfsvI188R[1]
※髄液を取る為、毛を剃られたのでタロさん、後ろが少しハゲてます・・

説明が終わり、まだ麻酔が切れてない中
2・3歩の距離だったけど、私のところにフラフラしながら歩いてきて
目の前でひっくり返ってしまったタロさん。
すぐに抱き上げてナデナデしながら頑張ったね・・・ごめんね・・と抱きしめました。

kako-wh2AgDG87VoovieM[1]

タロさんは検査を頑張ったし、何事もなく無事に検査が終わり
心配していた脳の異常は何もなくてホッとはしたけど・・
・・正直、完全にホッとはできていない。

じゃあ、一体、この症状は何なんだろうか・・・
脳に異常がないことは、本当に良かったけど、精神的なモノ・・と言われると
正直、辛いし・・・どうすればいいのかわからない。

環境の変化とか、ここ最近、なにか大きく変った事もないし
どこに原因があるのかわからない。
原因がわからないと何をどうすればいいかわからないし
こんな時、タロさんと喋れたら・・・と・・本当に思う。

タロさんもあと10日ほどで9歳になる。
もぅシニアなのはわかってるけど、食欲もあり、散歩も行く元気もある。

ただ・・今回、ひどい下痢になり、食欲がなくなり
現在のように右半分が麻痺しているような状態が治らず・・

右目からずっと涙が溢れてて、時には大粒の涙をポロっと流すこともあったり・・・
右の口元が垂れてゆるんでいて、常にヨダレは垂れるし
右の口元に食べこぼしを付けたままになっても、本犬は気づかない。

でも、それ以外は何もないし、何がどうなっているのか・・・
今までタロさんと9年間一緒にいて、こんな症状、初めてなのです。

少し気になる事といえば、最近前以上に私にベッタリになった事くらいかな。

でも、どちらにしても
今現在のタロさんの症状がこうなったのは飼い主である私のせいだし・・

それに、親バカかもしれないけど、元々すごくおかぁちゃん子なタロさん。

私以外の人とは絶対お散歩にいかないし
私以外の人に甘えることもほとんどない。
ストレートに甘えてきて、ヤサグレ放題のうめ子と違って
あまり感情?を表に出さないタロさん。

そして、繊細というか、ビビりというか、ナイーブな面もあるタロさんだから
どうしたらいいのかわからないけど・・あとは、とにかくやれることをするしかない。

ここ最近ずっと、いろいろネットで検索してたけど
同じ症状のワンコさん・コギさんもいる。
同じ症状でも原因がわからない突発性の顔面麻痺のものから
中には同じ症状でMRIをした結果、脳に腫瘍が見つかり
顔面麻痺から全身麻痺になったり、他の障害を併発してしまった子もいる。

自分なりに検索したり、かかりつけの先生にも相談した結果。
とにかく、右側が顔面麻痺しているタロさんの顔のマッサージを毎日すること
なるべくストレスを軽減できるようにすること
涙が止まらないと、目が乾いて目の方にもひどい影響が出てきてしまうので
これ以上目の軟膏をマメに塗ってあげること
。 
今は・・それくらいしかできない。

のりくん曰く・・私は過保護で
タロさん&うめ子に対して過剰に心配し過ぎるところがあるけど

でも何より・・・良くも悪くも、毎日一緒にいる飼い主の判断次第なんだろうし
自分の大切なワンコの日々の観察とちょっとした変化を見逃さない・・
と、タロさんもうめ子も大事にしてきてるつもりだけど
返ってそれがタロさん&うめ子にとって
逆にストレスなのかもしれない・・とさえ今回思ってしまった。

飼い主、失格?・・私の判断は飼い主のエゴなのか・・とか
結婚式に一緒に参加させたのは、タロさんたちにとって良くなかったのか・・

私は夢だった家族であるタロさんやウメ子も一緒に結婚式ができた事。
何より幸せに思ってたけど・・・
今となってはコレらは私の自己満足であって、タロさんには嫌なこと?だったのか・・とか
何が何だかわからず・・・いろんな事を考え、正直、かなり凹んでいます。
というか、どうすればいいのかわからない・・・

でも、大切なタロさんの前で凹んでるわけにもいかないし
何か精神的なモノが理由ならば、今後、そんな思いはさせたくない!
とにかく信じて行動に移し、やってみる!今は、それしかない。


共働きのわが家だから・・
タロさんとうめ子は、土日以外毎日、朝から夕方までお留守番。

今はそれさえ辛いし、心配でしょうがなくなってしまって
今まで普通にできてたコトも、今後はタロさんにとって負担になってしまったり
これからは、今まで通りにはいかないのかな・・と、仕事中もずっと考えてしまう。

でも、私が考え込んでしまい
いつまでも落ち込んでいても何も変わらないので

そんな暇があるんだったら
とにかく今は、タロさん(もちろん、うめ子も)との時間を今まで以上に大事にします。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tarokoumemama.blog94.fc2.com/tb.php/905-59cad329

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

◆タロウメまま◆

Author:◆タロウメまま◆

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。